結婚式の服装から髪型まで、結婚式について考える

結婚式では、結婚をされる新郎新婦、そして来賓の親族や友人・同僚・上司など、それぞれが守るマナーがあります。
結婚式は華やかにしたい、新郎新婦にとって思い出の残る式にしたいと思う気持ちは大切ですが、それも礼節を守ったものでないと、友達や同僚に受けが良くても、親族や上司には耐え難い式になってしまうかもしれません。
例えば、髪型をアフロにして、よれよれの普段着を着て友人が来賓として結婚式に来たら、祝福される側の新郎新婦も良い気持ちはしませんよね?
結婚式では、式を挙げる新郎新婦、そして来賓が、それぞれがマナーを守ることで、最高の結婚式になるのです。

結婚式での服装、小物で変化をつけてみて。

結婚式にお呼ばれするのは、とても嬉しいことですが、どういう服装で行こうかという悩みも生まれます。特に、学生時代のお友達の結婚式だと、複数回、同じ顔触れで集まるので、毎回、服装を変えなくても良いけれど、ずっと同じではちょっと…という感じになります。それを防止するには、核になるものは同じでも、小物で変化をつけていくというのも、一つの方法かと思います。
例えば、振袖をお持ちの方なら、帯や小物を変えます。ドレスであれば、ストールやアクセサリー、靴や鞄で変化をつけても良いでしょう。それに、髪型やメイクも大切ですよね。新しい服は買わない代わりに、プロの方にお願いして、綺麗にしてもらってみてはいかがでしょうか。皆がキラキラしているお祝いごとの場で、全てを節約すると、惨めな気分になって、楽しめなくなるかもしれませんよ。
とはいえ、はっきり言って、人の服装についてあれこれ言う人は、毎回、高くて、新しいドレスを買って着て行っても、似合ってないよねとか、頑張り過ぎじゃない?とか言います。だから、人の目は気にしすぎないことです。ただし、振袖はその心配はないかと思いますが、核になるドレスは良いものを買いましょう。安いドレスはやはり糸の始末が甘かったりします。最後になりましたが、どうぞお友達と楽しい時間をお過ごしください。

結婚式にオススメの演出

結婚式にオススメの演出をいくつかご紹介したいと思います。テーブルラウンドの際に使える演出です。
一つ目は、キャンドルリレーです。会場の方々一人ずつにキャンドルを渡しておき、キャンドルの火を一人一人つないでいき、最後に新郎新婦の元へ繋がれて、みんなで一斉に息を吹きかけて消すといった流れです。キャンドルの火を消した瞬間に、ノリの良いBGMをかければ一気に盛り上がります。また、LEDでレインボーに色が変わるキャンドル等を使うと会場内が幻想的な空間になり、ものすごく感動的な演出になります。
二つ目は、各テーブルを周り楽しく記念撮影です。これはただ記念撮影をするのではなく、新郎新婦がカゴの中に、ヒゲやメガネやバニーちゃんやカツラなどの仮装道具をいれて持ち歩き、それをつけてもらい各テーブルごとに、ワイワイ楽しく記念撮影を行う演出になります。そして後日、その写真をみなさんに配るとさらに喜ばれると思います。
三つ目は、会場の方一人一人に小さなメッセージカードとお菓子を配るという演出です。
心を込めて一人一人に手渡しすることで、日頃の感謝がより伝わります。ありがとうの気持ちを込めて丁寧に渡していきます。みなさん嬉しい気持ちになること間違いなしです。

様々なウェディングドレスの種類

会場などの選択も大切ですが、結婚式といえばウェディングドレスも欠かせないものです。子供の頃から憧れていたという女性も少なくないでしょう。
そんなウエディングドレスですが昨今様々な種類があり、どれが自分に似合うのか悩んでしまうこともあるかと思います。年齢や体型によってより女性を輝かせることができるため、自分に合ったドレスを選ぶことが大切です。
例えば一般的なデザインとして浸透しているAラインドレスですが、そのバランスの良い上品なシルエットによって体型を選ぶことなく多くの方に似合うとされています。ウエストに切り替えがないため縦のラインを強調することができることから背が小さい方でもすらっと見せてくれるでしょう。
Aラインと違ってウエストに切り替えがあり、さらにスカートがふわりと大きく膨らんでいるプリンセスラインというドレスもあります。その裾の広がり方から華やかでボリュームがあり、広い会場にも映えるドレスとなっています。比較的多くの方が着こなせるシルエットですが、お腹周りが目立ちにくいということでマタニティドレスとしても人気があるといわれています。
ウェディングドレスはシルエットだけでなく、リボンやフリル、ラインストーンなど装飾の種類によっても印象をガラリと変えることができます。ドレスが可愛いというだけでなく、それを自分が着た時どのようにみえるかといったことを意識して選んでいきたいものですね。